キッズヒーリングムーンヒーリングミラクルクラスミラクル気功エンジェルプログラム
イベント案内蓮華会美若賢個人セッション自由が丘教室ヒーラー養成クラス
校長プロフィールマスコミ掲載会場アクセスネットショップ暗号ブログリンクメールゆりか
TOPへ戻る

クレオパトラ・エステ・ヒーリングスクール
マスコミ掲載

2005.236号の
「スクエア21」に掲載されました

インタビュアー
 :新田恵理

新田:まず、こちらでどのようなことをなさっているのか教えていただけますか。

大原:私どもは「クレオパトラ・エステ・ヒーリングスクール」という
   「美しさ」「若さ」「賢さ」の3大テーマを軸に、
   さまざまなヒ−リングメソッドを用いて、女性美の追求を行っております。

新田:このお仕事を始められたきっかけは。

大原:実は私は華僑なのですが、子供の頃からひとつ思っていたことがあり、
   それは「なぜ自分はここにいるのだろうか」ということでした。
   私はそのようなことを考えている子供だったのです。
   それで、私は自然と中国の東洋医学を勉強しようと思い、
   北里大学薬学部に進み、さらに総合的な東洋医学の勉強をしたいと考え、
   薬剤師、鍼灸師の資格を取得したのです。


新田:薬剤師でもあり、鍼灸師でもあり、それでエステティシャンでもあるのですよね。

大原:いえ、その後、私は上海へ嫁ぎ、鍼灸院を始めたのです。
   鍼灸院だけではなく、もっとトータル的にも勉強してゆくためにも
   エステの学校へ通い、エステティシャンとしても活動始めたのです。
   ただ、主人も鍼灸師でしたから、体のケアは主人に任せて
   今度は心のケアをするために、カウンセリングを始めました。


新田:それがこちらの前身なのですか。

大原:そうですね。ただ、その時は心のケアをするには、自分自身まだまだ
   経験不足と感じる出来事に出会い、また体のケアの活動に戻ったのです。


新田:ではなぜ現在の仕事を始めたのですか?

大原:それはミステリースクールに出会ったからです。
   それは「叡智」を勉強するスクールなのです。
   「人間はどこに行くのだろうか」という問いに
   必要な答えを教えてくれる「アデプト・プログラム」という
   古代オリエントから伝わる神話に秘められた真実を教えてくれるスクールなのです。


新田:スクールといいますと、勉強されるのですか。

大原:そうです。紙の上の文章ではなく、口述で伝えられているものです。
   私はそれを受け取り、自分の疑問の答えがあったと確認いたしましたので、
   広く皆様に知っていただきたく、
   「クレオパトラ・エステ・ヒーリングスクール」というものに形を整え、
   世に送り出したのです。


新田:クレオパトラという名称はなぜお付けになったのですか

大原:エジプトに行った時にクレオパトラのパピルスに出会い、「これだ」と直感的に感じ、
   「クレオパトラ・エステ・ヒーリングスクール」と名付けました。


新田:スクールの内容について教えていただけますか。

大原:これは「美しさ」と「若さ」と「賢さ」を手に入れる
   プログラムです。

   まず「美しさ」では「スピリチュアル・フェイス&メイク」
   「経絡美容」「セルフ・ヒーリング」を学びます。

   次の「若さ」では「メディテーション」
   「ギフト・オブ・スピリット」「DNAアクティベーション」

   最後の「賢さ」に「アデプトプログラム」を入れたのです。


新田:なかなか難しそうなコースですね。

大原:実はIOU統合医学部というオランダに本部がある
   オープン・フィルチュアル・ユニバーシティの認定学科に採用されました。
   私も講師となり、受講後はエステヒーリング・アドバイザーの資格取得も可能です。


新田:まあ、それはすばらしい。
   これまで培ってこられた経験が実を結んだ形になりましたね。

新田:最後に先生の夢を教えてください。

大原:私の夢は多くの皆様に自己実現をしていただくことです。

新田:これからも頑張ってください。




「不思議サロンの凄い実力」に掲載されました。
美しさ、若さ、賢さ すべてが手に入るスクール

さまざまなヒーリングメソッドを用いて外見と内面を磨き、パーフェクトな女性になるための秘伝を教えてくれるスクール。講師の大原さんは北里大学薬学部を卒業後、鍼灸や気功を始めとした東洋医学をマスター。ロッキーマウンテン・ミステリースクール公認のガイド兼講師でもある。華僑の出身で、上海の有名医学院での経験も豊富な彼女。
大原さんが主催するのは「美しさ、若さ、賢さ」を追求する講座。今回私が体験したのは「美しさ」をテーマにした1日クラス。まずスピリチュアルな観点からみた人相学とメイク法についての講義。「目、眉、鼻、口、耳など顔の各部位はその人の性格を表し、相対する人間関係において、どちらが大きいか小さいかで、性格面の力関係も決まります。」なるほど、顔はその人自身を表すもの……。顔の印象で人間関係の力関係が決まるとは思わず納得。また、「顔のツボと計悪は内臓と密接につながっている」という経絡美容にもとづいたフェイシャル・マッサージ方法は、ストレスを軽減させて、より美しい顔つきになる方法だという。「顔のツボと
経絡マッサージ、そしてメイクによって生来の顔の印象を変えれば、外見もより美しくなり、性格面の欠点を補うこともできるのです」とのこと。「クレオパトラ・エステ・ヒーリングスクール」はIOU総合医学部の公認スクールなので「美しさ」「若さ」を受講するとエステ・ヒーリングアドバイザーの資格を取得するステップになるという。1日体験コースに参加してみて実感できたことは「美しさとは外側と内側を磨いてこそ完成される」ということ。勉強になりました。



「ミスター・パートナー」
1月号に掲載されました。

ライター:林原りか

至高の女性像を目覚めさせるスクール

世界三大美女の一人、クレオパトラは6ケ国後を操る才女だったことでも有名。
そんなパーフェクトな女性になるための秘伝を伝授してくれるのが
「クレオパトラ・エステ・ヒーリングスクール」。

「美しさ」「若さ」「賢さ」の3テーマを軸に、
様々なヒーリングメソッドを用いて外見と内面を磨いていきます。
女性の美の追求やこころの悩みを解決。
心も身体もキレイになれるスポットだ。

講師の大原さんは北里大学薬学部を卒業後、気功など東洋医学をマスター。
レイキやバッチフラワーセラピーといった西洋のヒーリングも熟知している。

IOU統合医学部の公認スクールで、
受講後はエステ・ヒーリング・アドバイザーの資格取得も可能だ。
女性というダイヤの原石。輝くかどうかは磨くあなたにかかっている。




「バイタルフォース」
17号に掲載されました。

『愛や調和の“女性原理”に光を当てて』

宇宙の法則

高校生くらいになって、失恋も経験したりする頃になると、すごく感性が透明になる時があるでしょ?「死んでもいいかなぁ」なんて思ったりするじゃないですか。

そんな時に仏教の輪廻転生の本を読んだんです。人間は生まれ変わるって。それが本当なら、もう人間になるのは今生で終わりにしてほしいと思ったの。じゃあ、やりたい事を全部やって幸せになれば、人間を卒業できるんじゃないかって。

その時に思ったのね。宇宙には法則がある。成功とか失敗とかの人間の社会の法則を超えた、宇宙の森羅万象を調和させている法則があるんだって。だからその法則を学んでその通りに生きていったら絶対に幸せになれるはずだって。

大学は薬学部に入りました。東洋医学をテーマに卒論を書いているとき、東洋医学は漢方薬だけではないんだと気が付いたんです。鍼灸、按摩マッサージ、食べ物、哲学、太極拳とか…

それを全部学んでみようって。上海中医薬大学に1年半留学するチャンスも得たし、日本に帰ってからは針灸師の資格もとりました。

ところが、結婚を機に環境が一変してしまって。薬局を営む大家族で、家事や子育てに追われている間に、心のトラブルを抱えるようになって。病院にも行きましたが、薬では治らない…そんな経験を何回も。

女神のエネルギーが目覚める時

結婚十年目のある時、日記を読み返していると、結婚当初と同じ悩みが書いてあるんです。これではいけないと、どうすれば幸せになれるかをまた考え始めました。高校生の頃に考えていた「宇宙の法則」なんていうのはすっかり忘れていたんですが、“心”っていう部分がテーマだったんですね。

思い切って薬局をやめ、主人と一緒に鍼灸の治療院を始めました。その時にエステティシャンの視覚を取ったのが、今の仕事の始まりです。試行錯誤をしながら、気の世界や、東洋と西洋のさまざまなヒーリングについても勉強を重ねました。やはり目に見えないエネルギーをちゃんと見ていかないと、現実のこの世界も幸せになれないだろうと。

何故私がクレオパトラをキーワードにしているのかというと、エジプトのエネルギーは女神のエネルギーだからなんです。エジプトを滅ぼしたローマは、ギリシャからきている男性原理の社会。つまり、クレオパトラが負けたっていうのは、強さとか逞しさなどの男性原理が勝ったということ。そのままの流れで今まで来ています。

西洋医学は男性原理といえるので、愛とか調和とか慈しみとかの女性原理にも光を当てていくことで、今度は、バランスをとっていければいいですね。肉体が男でも女でもね。



キッズヒーリングムーンヒーリングミラクルクラスミラクル気功エンジェルプログラム
イベント案内蓮華会美若賢個人セッション自由が丘教室ヒーラー養成クラス
校長プロフィールマスコミ掲載会場アクセスネットショップ暗号ブログリンクメールゆりか
TOPへ戻る

Copyright SUMIKA Allrights Reserved 2005